ESXiのiSCSI接続におけるポートバインド設定

ESXiのポートバインドを設定するタイミング

ESXiとストレージ間のネットワークの冗長化はネットワーク構成によってはソフトウェアiSCSIのポートバインドで設定する必要があります。 ポートバインドを使用すべき状況はVMware社からもナレッジとして公開されています。

ポートバインドを使用しない場合

VMkernelがそれぞれ別NWに分かれている場合はポートバインドは必要ありません。

ポートバインドを使用するタイミング

VMkernelが同じNWの場合はポートバインドが必要になります。

引用: https://kb.vmware.com/s/article/2038869

ポートバインドを設定する理由

ESXiには以下の仕様があります。

VMkernelの仕様

同じネットワーク サブネットに ESXi ホストに対する複数の VMkernel インターフェイスが存在する場合、ホストはこのネットワーク内の通信に使用する VMkernel インターフェイスを 1 つだけ選択します。

引用元: https://kb.vmware.com/s/article/2093988

つまり複数のストレージが同じサブネット内にある場合、VMkernelが1つしか使用されないためパフォーマンスを発揮できなくなります。 具体的には冗長性は確保できますが、VMkernelが一つしか機能しないためロードバランシングができません。

ポートバインドを設定することで複数のVMkernelで動作させることができます。

ポートバインドを使用しない場合

以下のような構成でiSCSIターゲットのネットワークが分かれている時は設定不要です。NWが分かれているので2つのVMkernelが動作するからです。

ESXi上での設定方法

上記の「ポートバインドを使用するタイミング」と同様に全て同一NW内で設定をします。

iSCSI専用のvmkernal,ポートグループ,仮想スイッチをそれぞれ作成します。

ストレージ>アダプタ>iSCSI設定 からiSCSIターゲットとポートバインド設定をします。

iSCSIターゲットとiSCSIイニシエータ

iSCSIターゲットはストレージサーバ、iSCSIイニシエータはクライアント(今回の例ではESXi)となります。 iSCSI接続するためには事前にストレージサーバ側でiSCSIターゲットを作成(設定)しておく必要があります。