WordPressからVuePressに移行しました

なぜブログを移行したのか

今までWordPressでブログを書いていたのですが、新しい技術を試すこととコスト削減のためにブログを移行することにしました。

以下の図のように、AWSのCloudFrontからS3にアップロードしたこの静的ページを表示しています。

実際にかかるコストはRoute53とCloudFrontの従量課金のみになります。

個人サイトのアクセス数であればほとんど費用がかかりません。

余談

実際はMastodonをEC2で運用しているため、そこに相乗りしていたのでDBサーバのみコスト削減された状態です。


静的サイトジェネレーターはたくさんあって昔から興味があったのですが、個人的にピンとくるテーマがなかったので手を出していませんでした。

その中で私の周りではVue.jsが流行っていたこともあり、情報が少なかったですがVuePressを選択して学習のために自分でテーマを調整することにしました。


正直なところjavascriptがほとんど分からないので、カテゴリ機能だけGitHubのissueやネットの記事を参考に作成しました。

CSSはVuePressの設計を確認しながら、サムネイルやブログ記事一覧ページなどのやりたいことはぎりぎり実現した感じです。

現時点ではこれくらいしかできなかったのですが、運用していくなかで少しづつjavascriptとVue.jsを学習していこうかと考えています。

なぜVuePressを選んだのか

静的サイトジェネレーターを選んだのは記事の管理を安定させたいと考えていました。

WordPressもバックアップは取れるのですが、ほかのプラットフォームへの移行が辛い状況にあります。

WordPressはデータがサイト上にあるので、それをエクスポートしてくる必要があるのですが記事ごとに画像とHTMLファイルを取得する方法がないのです。

静的サイトジェネレーターであれば、端末内でマークダウンで書いているのでマークダウンに対応しているジェネレータであればすぐに移行できます。

余談

StaticPressは更新が止まっていることと対応していないテーマが多いので試してうまくいかず諦めました。


私の場合は、記事を書いたらGitHubのプライベートレポジトリにpushして端末とクラウドで保管しています。

VuePressの修正もGitHubで管理しています。


記事を書いたあとは、dev環境で確認、ビルド、アップロードのコマンドで済みます。

このあたりはTravisCIなどと連携して自動化を目指したいところです。


さまざまな静的サイトジェネレーターがあるのですが、VuePressは技術ドキュメント系の記事に適したデフォルトテーマになっていたので、

運用しているブログ内容とテーマの親和性が高く移行がしやく、上述のとおりVue.jsに関係した知識を抑えておきたいという考えがありました。


VuePressは比較的新しい静的サイトジェネレーターであるため、開発が頻繁に行われており、カスタマイズ中にかなりバージョンアップが進みました。

バージョンアップとカスタマイズのマージには今後どうするか悩みの種になっています。

WordPressは結局どうだったか

WordPressとの付き合いは長かったのですが、たぶん今後もお世話になりそうな気がします。

動的なコンテンツで、ブログ、テーマが豊富となるとやはり便利です。

私の場合、AWS上でWordPressを立ち上げて記事を公開できる状態まで30分〜1時間程度でできます。

なので、自分に必要なテーマさえもってくればすぐに記事を増やすことを意識していけます。


これがWordPress以外となるとテーマ探し、自分で実装などサイト作成に時間を取られて書きたいコンテンツを書くまでの時間がかかります。

技術習得が目的であればいいのですが、記事を書くことに早く着手したい場合はやはりWordPressを選びたくなります。

このあたりフロントエンドの実装技術があれば、さくっとできるようになるのでしょうか。


このWordPressですが、少し前からWordPressのバージョンが5になりました。

エディタに大きな変更があり、機能面でみるとHTMLなどの知識がない人でも書きやすい形になっているように思います。


HTMLやマークダウンで記事管理をしたい私としては、ちょっとつらい状況です。

一応、クラシックエディタというプラグインがあるのですが、これもいつまで提供されるのか分からない不安があります。

コンテンツは資産になるので、WordPressを使うのであれば最後までWordPressと付き合っていく覚悟が必要だなと感じています。